企業理念

社長あいさつ

イシカワでは、お客様、仕入先様、社員の『共存共栄』を目指しています 日頃、皆さまには格別のご愛顧をいただき厚くお礼申し上げます。

イシカワは昭和9年設立から現在に至るまで、時代の変化とお客様のニーズにお応えすべく「輸出梱包」「倉庫」「段ボール箱」「機工」と四つの製造部門で展開をしてまいりました。平成16年11月には、新たに「EMC研究所」を設立して、電磁波の測定を中心とした研究部門を開設し、同時に首都圏では非常に交通の便がよい京浜地区内の生麦ファクトリーパークに本社ビルを新設いたしました。

これらの多岐にわたる部門を通じて、顧客満足を達成したいと考えています。例えば、輸出電化製品のメーカー様であれば、製品の設計段階で「EMC研究所」での測定、製品化された商品を梱包するための「段ボール箱」、更に輸出をされる場合には「輸出梱包」や「倉庫」といった、さまざまなサービスを『ワンストップサービス』でご利用いただくこともできます。

私ども中小企業にとっては、お客様、仕入先様、社員に対して、『共存共栄』を図るべく努力していくことが何より大切なことであると思っています。
また、先代の教えである“社訓”を社員一同心に留め、ISHIKAWAの頭文字(I=Integrate『統合』、S=Security『機密』、H=Heart『良心』、I=Imagination『発想』、 K=Knack『巧妙』、A=Aspire『熱望』、W=Wide『拡がり』、A=Amity『親和』) の広い視野を持って、より一層皆様のお役に立てる会社になれればと思います。

皆様の一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
株式会社イシカワ 社訓